お知らせ

2/22

2022

日本植物生理学会つくば大会(オンライン)にて室が発表します。 The role of Casparian strips in the high boron tolerance in Arabidopsis 

1/27

2022

​古谷舞が博士学位論文 生育初期における根の形態学的形質に着目したダイズの低リン応答性に関する研究 を発表しました。

12/21

2021

高野による研究ノート「ホウ酸を輸送しつつ感知するトランスセプター」が 植物の生長調節 に掲載されました。

12/17

2022

Huazhong Agricultural University主催のオンラインシンポジウムInternational Symposium on Plant Nutrition, Crop Production and Food Qualityにて高野が講演しました。

11/13

2021

植物の栄養研究会 第6回交流会は11月13日にオンラインで開催しました。参加してくださった皆様ありがとうございました。

10/7

2021

新学術領域研究生命金属科学の活動の一つとして、研究最前線ビデオシリーズ4「植物における生命金属と有害金属の動態」 ​を公開しています。当研究室の堀川さんがナレーションしています。ぜひ御覧ください。

9/15

2021

日本土壌肥料学会北海道大会(オンライン) にて室がカスパリー帯のホウ素輸送における役割について、高野が葯のタペート細胞におけるホウ酸トランスポーターの役割について発表しました。

6/1

2021

2022年4月開学予定の大阪公立大学(仮称)では、当研究グループは植物栄養学研究グループに改名します。農学部応用生物科学科告知サイトもご覧ください。

4/5

2021

日本土壌肥料学雑誌 (2021年4月) に進歩総説:植物のミネラル輸送研究最前線:8. ホウ素の輸送機構 (高野順平) が掲載されました。

4/10

2021

INTERNATIONAL SYMPOSIUM ON ADVANCES IN PLANT BIOTECHNOLOGY AND GENOME EDITING-2021 (インド, Webinar) で高野が発表しました。

4/8

2021

IRN France-Japan Frontiers in Plant Biology (Webinar) で高野がホウ酸トランスセプターについて発表しました。

3/20

2021

農芸化学会(オンライン)における生命金属科学のシンポジウムで高野が発表しました。

3/15

​2021

植物生理学会(オンライン)にて生命金属科学のシンポジウムを開催しました。高野がホウ酸トランスセプターについて発表しました。

3/14

​2021

植物生理学会(オンライン)にて伴野がカリウムトランスポーター、室がホウ酸トランスポーターの細胞内輸送について発表しました。

​1/26 2021

書籍 生命金属ダイナミクス が刊行されました。室と高野がメタロイドの輸送機構について執筆しました。

​12/16 2020

吉成、細川らによるホウ酸トランスセプターの論文がThe Plant Cell誌にオンライン掲載されました。プレスリリースしました。

10/22

​2020

2018年に当研究室にて実験したWang Qingさんらの論文がPhysiologia Plantarum誌に掲載されました。

7/7 

​2020

​Plant Endosomes (Springer) が発刊されました。吉成と高野が蛍光イメージングのプロトコールを執筆しました。

6/26

​2020

生命金属科学新領域のニュースレターに高野が"生命の半金属戦略"を寄稿しました。

​私たちの研究グループについて

ミネラル (無機栄養) の欠乏や有害元素の集積が世界の作物生産を制限しています。また、リン鉱石などの肥料原料は有限な資源です。

私たちは、植物とそれをとりまく土壌微生物の持つ巧妙なミネラル獲得・利用能力を、トランスポーターなどのタンパク質・細胞・個体・フィールドにわたる幅広いレベルで探求します。

そしてミネラル獲得・利用能力の高い作物の育種や新たな生産技術へ応用し、持続可能な未来の農業・環境に貢献します。

          教員  高野 順平 教授 B11棟 313号室 

              松村 篤  講師         311号室 

1/7